用語集?

トップページ > 用語集?

ゴーストタウンで生きていく上で役に立つ知識をここに記す。
いつも見てくれている方、ご愛読ありがとう。
初めての方、どうか真に受けないでほしい。

NEW!→ エチュード
加筆修正→ おでん




イカレポンチ

詳しい意味は各ネット辞書を参照のこと。
どうやら昭和の流行語で現在はほぼ死語のようだが、筆者は気に入っており大切に持っている。温故知新。(?)

筆者のキャラ作成周りにも一応「イカレポンチ」という概念はあるが、はっきりとした定義はない。
そもそもゴーストタウン自体がイカれているという可能性もある。

ゴーストタウンにおいては
  • 大抵ハイテンションで軽く、陽気な性格
  • 独特の言語センスで喋る
  • 一度見たら忘れられない強烈なインパクトのビジュアル
  • 人目をはばからない超マイペースな言動
  • 独自の美学を持つ
  • 「狂気」と言うには仰々しい
  • 「それでも俺にはコイツしかいない」と思わせる謎の中毒性
……などの要素持つとポイントが加算され、合計ポイントの高い者が「イカレポンチ」を名乗る権利を得る。かも。
「イカレポンチ枠」というものがある気もするが、グループ内でもポイントが高い奴がそう認定されるっぽい。つまりは相対的な評価という側面もある。

これだけ書くと「イカレている」と同義のような気もするが、字面的には「フルーツポンチ」に似ておりなかなかスタイリッシュではないだろうか?
「イカレポンチ」も「フルーツポンチ」も日本で合成された言葉であり「ポンチ」が示すものは違うのだが、元々の綴りは同じっぽいぞ☆
動詞から名詞になっている点もポイントが高い。

言葉の本来の意味は悪口に使うようなものだが、個性が重視されるゴーストタウンにおいては「イカレポンチ」は強力な武器となる。
実際のところぶち込んでおくと色々と潤う。キャラクターとしては少なくとも10人に1人は欲しい人材。
使いすぎてかえって無個性ということになって不採用にならないか心配である。
(初版:2017-09-26)
(加筆修正:2017-09-28)

エチュード

1.勉強・練習の意。練習曲や美術の習作・試作などのこと。
2.MOTHER3に登場する戦闘BGMの一つ「オバケのためのエチュード」のこと。「げいじゅつなオバケ」と「オバケシールド」の持ち曲。
3.転じて、げいじゅつなオバケのこと。盾の方は今のところうちにはいないので、どなたかよろしくお願いします。
(初版:2017-11-08)

おじさま

サイト擬人化にて「クオーレ・ロッソ」を指して「ゴス子」が使う呼び名。

おっさん

「狭間の怪人」の学校の怪人の俗称。

おでん

ボン擬人化のミデンの俗称。
本来の大根やこんにゃくとかの方を指すこともあるのでご注意。
(加筆修正:2017-11-08)

絵日記

本サイトコンテンツの一つ。
コンテンツ名に落ち着きがなく、「絵日記」から始まり「永続的な記録として残るわけじゃないから」とかいう理由(言葉の意味としてのこだわり)で色々改名していたのだが、結局「絵日記」表示に戻った。
「絵日記」とは何ぞや……。
なおシステムとしては「一人で使っている掲示板」なのだが、掲示板タイトルもまた非常に落ち着きがない。これは「名乗。」時代からの伝統である。

怪人

正体不明の怪しい人物のこと。または特撮番組の悪役のこと。
「狭間の怪人」に属する人物はおおむね「種族:怪人」。意味としては前者寄り。

南瓜神

風来のシレンのパコレプゴッドのこと。文字数の省略のための直訳だが、それでも面倒な時は「パコ」。
ただし「パコ」だと同種のLv1~Lv3もしくは一族全体を指して、あるいは別のモンスターのパコタンと混合する可能性がある。いやパコタンはないかも。
ちなみにたまに吐き捨てられる「カボチャ野郎」は実際罵倒語としてネット辞書にも載っているが、昨今では「そういうキャラクター」のイメージの方が強いかも?

カラカラ

じめんタイプのこどくポケモン
……ではなく、「狭間の怪人」のキャラクターの一人。ジョブは使用人。
本心が行方不明な主人の要求にも冷静に応じることが出来るため、伝説のエスパーの一種ではないかとささやかれている。

館長

怪人S.S.の俗称。図書館に居座って「歓迎」するのだから間違いない!

クオーレ・ロッソ

一応サイト擬人化。トイコンEXの空気とサーカスギャロップのテンションで生きている遠隔自動操縦型スタンド。

ゴーストタウン

サイト擬人化の主な舞台。
サイトそのものや「(くるる)の管轄内」を指して言うこともある。
サイト擬人化以外でも(くるる)キャラのわちゃわちゃの背景は大体ここ。
元々の意味は諸事情で無人化した町のこと。

31

サーティワンアイスクリームのこと。サーティトゥー! サーティトゥーー! NOーーーー!! サーティトゥ……
31のアイスクリームのフレーバーは凝ったものやかわいらしいものが多いため、イラストのモチーフにされることもある。
公式でも時々グッズのプレゼントキャンペーンが開催されたり、SARASAとのコラボボールペンが販売されたりしている。

産廃

「産業廃棄物」の略。読みは「さんぱい」。このサイトではカラカラのこと。ひどいや。

主人

「狭間の怪人」のクルルのこと。
クルルとカラカラの関係は「主人と使用人」なのだが、会話ネタなどでクルルに対応する単語が「主人」なのに対し、カラカラは「産廃」である。ひどいや。

使用人

カラカラのこと。病魔やくさりのこがカラカラを呼ぶ際はこちらを使う。

チェーンソー

(くるる)が好きなアイテムの一つ。
恐らく(くるる)キャラが使う武器の中でも何故かトップクラスの攻撃力を持つ。主な使い手はミデンとクルルとくさりのこ。
大体「魔界塔士Sa・Ga」というゲームの影響のせい。セットで「バラバラ」という物騒な単語が出てくるのもこのため。
ちなみにこのゲームは1989年12月18日に発売されたGBソフトだが、(くるる)の初プレイは2008年頃とまあまあ最近。

チョコミント

(くるる)の好物。
アイスは勿論、チョコミント味のクッキーだとかミント味のチョコだとかにもたやすくホイホイされる。
チョコミント系の菓子は季節物であることが多いが、「美味しいチョコミントかどうか一度試してみよう」というスタイルとは相性がいい。
個人的な推しは31のチョコレートミントです。まったりとしてそれでいて爽やかなアイスクリームにコリコリとしたチョコチップのほろ苦さが……(略)
(余談だが、チョコミントにハマる前はオレンジソルベ推しだったぞ! いい感じに甘酸っぱくて爽やかなのでこちらもオススメ)

デ―\でた~/―ン

元ネタは1999年6月3日にエニックスから発売されたPSソフト「せがれいじり」。
ゲーム中のオキモノ(オブジェクト)発生時のジングルの再現。
実際の「デーン」音はコーラス調というかオーケストラ風というかそんな感じなので、「デーン」は少し不適切かもしれない。
(※なお「せがれいじり」のジャンルは「おバカ」です)

デストロイ三兄妹

病魔、ミデン、クルルのセットのこと。(くるる)の理想の姿という感じのキャラの集まりである。
元々の登場作品は別々なので、キャラとして動かす際はゴーストタウンが舞台となる。
三兄妹は便宜上の呼び名なので、血の繋がりなどは勿論ない。

名乗。

サイト擬人化。フルネームは「名乗るほどのものじゃない。」さん。句点はバグではない。

(くるる)の好物。とりあえずこれを与えておけば喜ぶ。風邪を引いた時もこれ。鶏もも肉が最上。焼き鳥は皮がいいです。
最近はカレー用の牛肉をそのままよく焼いて食べることがしばしば。若干の当たり外れはあるが、ガーリック入りのコショウなんかをかけて食べると手軽にちょっといいものを食べている気分になる。
ちなみにこのサイトで拍手ボタンを押すと絵日記に肉が飛び交うぞ!

主に木材の切断に用いる、ギザギザの刃を持ったナイスな工具。用途や動力により様々な種類がある。
切断と書いたが、「切る」というよりは「削る」動作に近い。図画工作とか修学旅行とかで大変な思いをした人もいるかも。
そのギザギザの形状から攻撃的な印象を受けるが、包丁などと比べると一撃がじっくりになるため、武器として使うには「ここぞ」を狙わないと難しいだろう。
会話ネタで鋸が喋っていたら、ボン擬人化のミデンさん。
ちなみにチェーンソーを意味する「鎖鋸」の方が喋っていたら、そちらは「狭間の怪人」のくさりのこさんなので注意。

病魔

悲劇とかによく出てくるかもしれない魔物。
ゴーストタウンにも病魔さんがいる。

包丁

料理用の刃物。元々は料理人そのものを指す。
創作の世界では料理以外の用途で用いられることも多い。
会話ネタで包丁が喋っていたら、ファンタジー系面子のニスロクさん。

サイト擬人化で主な舞台となるゴーストタウンのこと。

夢魔

寝込みを襲う魔物。
サキュバスとかインキュバスとかその辺りを指すことが多いが、ゴーストタウンにおいてはナイトメアのこと。

ABC

CSS略

更新履歴におけるCSS更新のお知らせ。当初はまともなお知らせ文だったが、結構頻繁なので略した。
反映にはページの再読込、あるいはキャッシュの削除が必要となる場合がございます。

  • 最終更新:2017-11-08 21:37:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード