教授

《教授とは》
(くるる)がボンバーマン擬人化の世界観の中で、若気の至りで作ったオリキャラである。

どんな人?

教授1.png教授2.png

何故作った

当時、(くるる)はG・ガンズとその擬人化にハマっていた。
G・ガンズ擬人化についての妄想は膨らむばかり……。
「ガンズさんにも親とか恩師とかの存在ってあったのかなあ?」
そこで創作されたのが教授である。

どうでもいいキャラ詳細

男性。
虫属性が入っており、帽子の下には触角があったり、腰から下には虫っぽい十本の脚がついていたりする。
一応虫のモチーフはダンゴムシで、腕の四本と脚の十本を足せば、ダンゴムシの脚の本数である十四本になるんだ。
当時の設定上では「虫+G・ガンズの種族」ということになっている。

性格は穏やか。
というかこの世界観においては珍しい非戦闘員で、危なくなったらとっとと逃げ出す。ビンを投げたりカバンを振り回したりしたら少しは頑張れる気はするが、彼は全く喧嘩が出来ない。
口調はお察しの通り「~なのだよ」とか「~たまえ」とかそんな感じ。
実際のところ「教授」の仕事をしていたかどうかは有耶無耶になっている。

そんな教授ですが……実は彼……男好きなんです。ガンズさん……
とはいえ、普段は相手が男だろうと女だろうと、よほど教授好みのイイ男でない限りは至ってマイルドに仲良くしてくれる。

なお、本編開始時点でとっくに故人ということになっている。本編には全く絡んでこない。
互いに身内がお世話になりまくっているが、シルヴィアさんとは仲良くして貰いたいものである。

初期頃の生前イメージでは「変人奇人扱いされている」設定があった気がするが、多分もうそういう問題じゃない。










創作経緯はともかく、単体のキャラとしては結構イケていませんか。駄目でしょうか。

  • 最終更新:2013-10-27 02:11:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード