サイト擬人化

トップページ > 一次創作 > サイト擬人化

わたしはゴス子
(ストーリーは特にない。ゴス子があなたを見ているだけ)




主要キャラ

ゴス子

一次創作-サイト擬人化-ゴス子_2015-02-21.png
原型:自サイト第二期『まわるゴーストタウン』
ゴーストタウンを我が物顔でうろつく不定形の魔女。
魔女といっても魔力の類は一切持っていない。
しかし不定形の体に色や質感を持たせることにより変身することが可能。とりあえず普段は女の子のフリをしている。
「つよいもの」が好きで、追いかけ回したり捕まえて痛めつけたりぶん殴られたりの日々をエンジョイしている。
クオーレおじさまとは比較的仲良し。先代とは険悪。
正体は街を形作るドロドロ。つまり街そのものである。あと不死身。

クオーレ・ロッソ

一次創作-サイト擬人化-クオーレ・ロッソ_2015-09-11.png
原型:4月1日用架空サイト『赤いおもちゃ箱』
「ドうも皆様、こンにチは!
 私は『赤いおもちゃ箱』の主“クオーレ・ロッソ”トいう者デすよ!
 この素敵な街デ、ゴス子さント共に暮らしテおります!
 ドうゾお見知り置きを~☆(^o^)/」
おもちゃ箱の世界からゴーストタウンへやってきたおもちゃの紳士。
ゴス子の保護者ポジションのつもりだったが、実のところは文字通り彼女のおもちゃにされている。だが気にしていない。
ゴーストタウンの暗さも気にせずひたすらテンションが高く、お喋り。
セリフの「た行」「濁音」「ん」がそれぞれ片仮名になる。あと不死身。

名乗るほどのものじゃない。

一次創作-サイト擬人化-名乗るほどのものじゃない。_2013-04-01.png
原型:自サイト第一期『名乗るほどのものじゃない。』
【職歴】砂漠の案内人→街の記録係
引っ込み思案な元・砂漠の案内人。名前が長いので普段は「名乗。」と呼ばれる。
ゴス子の先代に当たる故人だったが、気付いたら街にいた。
無性。ゴス子とは逆に真面目な性格だが、寂しがりで湿っぽく、情緒不安定。
とりあえず真面目な性格を仕事にぶつけて精神を安定させているようだ。
正体は砂漠だが、ゴス子が街として主導権を握っている現在は領土がなく、単なる砂人形というところである。あと不死身。
未だに誰かを待っている気がする。

世界観

サイト全体をそのまま街に見立てる。
その街こそがゴス子達の住む舞台である。カンタン!

街の形は常に変化している。
ところによりカフェや露店などの店、公園や図書館などの施設、川や樹木などが発生して街を形成するぞ。
背景には街並みが続く。

ところによりモブっぽいのが徘徊していたり、施設はあっても中は無人だったりと街の基本形はとても静か。
一方で、街には各作品のキャラが集まっている。
ゴス子の手により各作品世界からキャラが引きずり込まれたというお祭りゲー的仕組み。

一次創作-ゴス子_2016-09-30.png
↑モブっぽいの。ほぼ背景

謎の歴史

元々は『あなたのサイトを擬人化バトン』というバトンから始まった何か。
第一部
2005年11月4日 サイト「名乗るほどのものじゃない。」誕生
2008年10月28日 バトンにより「名乗るほどのものじゃない。」の擬人化をしちゃう
2012年4月1日 サイト「赤いおもちゃ箱」誕生(嘘)
その擬人化キャラクター「クオーレ・ロッソ」も誕生
2013年4月1日 再び嘘サイト「赤いおもちゃ箱」ネタ
ツイッターの擬人化っぽいキャラがちょい役で退場(合掌)
2013年10月1日 サイト「名乗るほどのものじゃない。」リニューアルのため休止
(実質「名乗るほどのものじゃない。」の閉鎖といえるか)
第二部
2013年10月31日 サイト「名乗るほどのものじゃない。」が
「まわるゴーストタウン」にリニューアル
2015年10月31日 ハロウィンに乗じて前サイト擬人化「名乗。」再登場。そんなの有りかよ
(生きていれば2015年11月4日は「名乗。」十周年である)
2016年10月19日 ゴーストタウン三周年寸前でテンション上がってんのか
ブログテンプレ(PC)と名前を「名乗。」仕様に(意味はない)

  • 最終更新:2017-03-06 03:31:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード